徘徊のシロ

フィリピンでかんがえる、あるく、たべる

フィリピンの誕生日文化

今日はスタッフのジュバイさんが暇を持て余している私を見て気の毒に思ったのか単に連れて行きたかったのか別の部署で開かれてた誕生日会&退職祝いへ同行させてもらった。ところでどうしてフィリピンって同僚の誕生日結構盛大に祝うんだろう。

羨ましい。

 

たくさんのご馳走(Pancitっていう麺料理や焼き鳥やでっかいチョコレートケーキ)にホワイトボードに貼り付けられた飾りに本人の写真にカラフルにプリントアウトされたハッピーバースデーの文字。そしてリタイアメントの文字。

 

ちなみに、フィリピンでも退職は60〜65歳で退職金出るんだそう。

 

今までで一番豪勢だった誕生日はやはりボスの誕生日。

誕生日前のイベントは参加者一同でバースデーソングを合唱しボスの長いスピーチ。

そして気になる誕生日当日は部下総出で豪華なランチ!クリームたっぷりのどでかいケーキ!大きくプリントアウトされた写真!満悦の様子でした。

 

誕生日数日後のイベント(フラワーフェステバル)でもドレスアップしたボスからの長いスピーチ。そして男性社員とのダンス(???)

 

まだ祝うんだ…とあんぐりしてしまったことはここでしか言えない。

 

 

ちなみにスタッフたちのFace Bookを見てると子供たちの誕生日の祝い方はまさに海外のバースデーという印象をうけます。お祝い事大好きなフィリピノにとって誕生日もかなり大事なイベントなのでしょうね。

 

社員が年齢問わずドレスアップして上司が上司とダンスしてるのも不思議だけど、ともかく日本だと考えられない文化です。面白いね。

これからもたくさんカルチャーショックありそうです。